top of page

3月一般質問:吉本ゆうすけ

○小川駅西口地区市街地再開発事業の進捗とにぎわいの創出について

 小川駅西口の駅前再開発工事が進む中で、一時的に商店等の数が減少し、夜間の通行に不安の声を聞くようになりました。工事前と同等の明るさを確保するための方策と、工事期間中の歩行者用通路の状況等について確認しました。

 また、再開発が進む中で駅周辺の空きテナントの活用を行うための施策について提言しました。私からは、自治体が積極的に関与する形での事業継承の在り方について検討していく必要がある旨提言を行いました。

 

○市境地域の課題解決に向けて 

 市境地域には独特の課題があります。近隣住民からも様々な意見をいただくので、総合的にどのように解決するのか質問をしました。具体的には、災害時の避難所が市外になるケースが存在している事を例にあげ、平時から連携を取ることと、実際のオペレーションを確認すべきと提言しました。また、市境地域の道路には小平市民が多く使っていても、他市の警察署が交通管理者になっているケースがあります。相互に情報提供を行いつつ修繕等の要望に応えていくよう提言を行いました。

 

○市の窓口改善の取組について

 小平市は5年前から窓口業務委託の本格実施を始めています。市民に取って分かりやすく利便性の高い窓口にしていくための取組です。5年間でどこまで進んできたのか、どの程度改善されているのか、今後の課題は何なのか、確認するため質問しました。

 市からは、待ち時間の短縮等一定の成果が出ている旨答弁があり、私からは、障がい者窓口の改善を更に進めること、行かない窓口の促進等、提言を行いました。

 

Comments


bottom of page