12月議会一般質問:吉本ゆうすけ

「新型コロナウイルスワクチン3回目の接種に向けて」、「小川西町地域の安全対策について」の2問質問しました。


○新型コロナウイルスワクチン3回目の接種に向けて

 年明け、2022年1月から小平市でも3回目のワクチン接種が始まります。2回目のワクチン接種から8ヶ月経過したタイミングでの接種になります。これまでの接種に関する経験を活かし、市民が安心してワクチン接種に望めるように、接種券の発送や障がい者施設での接種、集団接種会場について質問しました。

 接種券については、前回の予約時に混乱した経験から、8ヶ月を迎える方に週単位で送ることで細分化をはかり、混乱を防ぐ確認をしました。また、6ヶ月での接種が始まる可能性も含めて準備することを提言しました。

 障がい者施設での接種については、1回目の接種時に、当事者やその家族から環境の変化に耐えられないため、普段から通っている施設での接種を望む声があり、担当課に調整を依頼していました。結果として、1回目・2回目の接種時に、施設が契約しているかかりつけ医による訪問接種が実現し、3回目の接種も同様に対応が出来ることを確認しました。

 集団接種会場については、3回目接種の会場である「ルネサスエレクトロニクス」への入口が分かりにくい点をあげ、誘導含め、入口の対応をしっかりして頂きたいと要望しました。

 その他、これまで2回の接種経験を持っている現場の医師・看護士と積極的な意見交換を行いことで会場の変化によりイージーミスが起きないよう改めて現場との調整を行う旨提言しました。


○小川西町地域の安全対策について

 地元、小川西町地域から強い要望のあった場所の改善について質問しました。

 具体的には、小川西町と小川東町をつなぐ九道の辻公園沿いの踏切から続く野火止用水の道路です。狭隘な割に交通量も多く、高齢者の通行もあります。この道路の用水沿いに大きな段差続いており、車との接触を避ける際に転びそうになるなど危険な思いをする方が絶えませんでした。危険性を指摘し担当課に現場確認を行ってもらい、段差の解消を早急に行ってもらいました。地域の安全性確保に繋がる良い結果となりました。